ホームクラブ一覧タイリーグ クラブ一覧  NAKHONRATCHASIMA MAZDA FC

ナコンラチャシマー・マツダ FC

NAKHONRATCHASIMA MAZDA FC

NAKHONRATCHASIMA MAZDA FC / ナコンラチャシマー・マツダ FC / นครราชสีมา มาสด้า เอฟซี

Swat Cat Nakhonratchasima FC set 2013 Nakhonratchasima FC fan
バンコクから北東へ約260Km、”コラート”と呼ばれるタイ東北部の玄関口であり、タイ第2の規模を持つ都市であるナコンラチャシマー県に本拠地をかまえる。ホーム・ゲームでは20,000人以上を収容するスタジアムが満員になるほど地元熱は高い。TPL昇格を目指すクラブは2013年シーズンに、フィリピン代表、グアム代表、ジェフユナイテッド市原・千葉などで監督経験のある神戸清雄氏を監督に招聘。2年目となる2014年シーズンに長野 聡、小井出翔太(現奈良クラブ)の活躍もありDivision-1で優勝しクラブ史上初のTPL昇格を決めた。「TPL初シーズンにトップ10、翌2シーズン目にはトップ3を目指す」という明確な目標を掲げて挑んだ昨シーズンは、8位でリーグ戦を終え目標通りTPLでのトップ10入りを果たした。クラブ・フロント陣はこういった明確なビジョンを持っており、練習施設も宿舎や最新のトレーニング機器が揃った県営のスポーツ総合施設を利用するなど、地元行政も十分なバックアップ体制を整えている。クラブやファンから絶大なる信頼を受ける神戸監督が、タイリーグ4年目となる今シーズンにどういったチーム作りをし戦って行くのか注目される。今季はタイ人選手も含め目立った補強は行われておらず、新たに獲得した外国人選手はナイジェリア人のマルコ・タグベジャミ(FW)のみで、外国人枠は、アビスパ福岡やギラバンツ北九州でプレーし、タイリーグ4シーズン目をむかえ守備の要となっている長野 聡(DF)、昨シーズン、スパンブリーFCから獲得したビヨン・リンデマン(MF)、元ザンビア代表のノア・シウター(MF)、タイリーグ6シーズン目をむかえるリー・タック(FW)と、昨シーズンと変わらない顔ぶれとなっている。2014年シーズンより欧州などで活躍していた井田征次郎氏がフィジカルコーチとして在籍している。
クラブ基本情報
設立 1999年
スタジアム 80th Birthday Stadium / 80年記念スタジアム / สนามเฉลิมพระเกียรติ 80 พรรษา
収容人数 22,500人
アドレス Suranari, Mueang Nakhon Ratchasima District, Nakhon Ratchasima 30000
Google 地図 80th Birthday Stadium MAP
アクセス 【ナコンラチャシマー県】
◆車:バンコクより(約3時間)バンコク1号線⇒サラブリー⇒ミトゥラパープ通り(2号線)⇒304号線(パクトンチャイ方面)⇒ポー・クラン警察署を過ぎてPTTガソリンスタンド手前を右折
◆バス:バンコク北バスターミナル(モーチット)よりナコンラチャシマー行き(約4時間)
◆鉄道:フアランポーン駅~からナコンラチャシマー行き (1日12本/約4時間半)
チケット メインスタンド正面にチケットブースあり
タイトル リーグ:0回
FA杯:0回
リーグ杯:0回
コー・ロイヤル杯:0回
監督 神戸清雄 / Sugao Kambe / 日本 / 2013年8月~2016年5月
プラムワン・ティングラトーク / Pramuan Tinkratord / タイ / 2016年5月~5月
ミロシュ・ヨクシッチ(Milos Joksic) / セルビア / 2016年5月~
日本人選手
成績 2011年:3位 (D2)
2012年:8位 (D1)
2013年:5位 (D1)
2014年:1位 (D1)
2015年:8位
facebook www.facebook.com/NakhornratchasimaFC
twitter
club HP www.koratswatcat.com
タイ語 ไป สนามเฉลิมพระเกียรติ 80 พรรษา (パイ・サナーム・ヂャルムプラキアット・ペーッシップ・プラサー)