ポート FC

 Port FC

PORT FC / ポート FC / การท่าเรือ เอฟซี

PORT MTI FC IMG_2323 port news
国内クラブの中でも抜群の知名度・存在感・歴史を持ち、ファンからは「ター・ルア」と呼ばれ親しまれている。数多くのタイトルを獲得してきた古豪クラブだが、2010年シーズンのリーグ杯獲得を最後にタイトル争いに加わる事が出来ずにいる。非常に熱狂的なサポーターが多く、毎試合多くのファンが駆けつけるスタジアムはバンコク都心部から最もアクセスが良く、ピッチとスタンドの距離が非常に近い為に臨場感は抜群。あまりに距離が近く熱狂的なファンが多い為、アウェーで戦う選手に対し最もプレッシャーがかかるスタジアムとしても有名である。2014年シーズン終了間際に給与未払いや暴力問題などで勝ち点剥奪・降格の話が持ち上がり、スポンサーを含め多くの選手が離脱してしまった。しかし、このクラブ存続の危機を救った新オーナーである”マダム・ペーン”こと実業家のヌワンパン女史が迅速に問題解決に取り組み、長年の課題であったクラブ運営の安定に成功。新体制となった2015年シーズンは経験のあるタイ人監督を招聘し、多くの選手を獲得したものの成績は安定せず、降格圏に沈んだままリーグ終盤を向えた。”マダム・ペーン”は残り8試合の時点で来季以降を見据え、2014年シーズンにチョンブリーFCを率いて年間最優秀監督に選ばれた和田昌裕氏を監督に招聘。流れは確実に変わり結果も伴ったが、時すでに遅くDivision-1降格となってしまった。和田監督が本腰を入れて挑んだ2016シーズンは、1シーズンでのトップリーグ復帰へ向けて大型補強を敢行し、チョンブリーFCからチアゴ・クーニャ(FW)、ラチャブリーFCから永里源気(MF)、ポリス・ユナイテドから2015シーズンのDivision-1得点ランキング2位(25得点)タナ・チャナブット(FW)を獲得するなど強力な攻撃陣が揃った。また、リーグの連続無失点記録を樹立するなど、Jリーグを代表するGKとして活躍したシジマール氏が新GKコーチに就任した事で、将来の代表GK候補の呼び声高いウォラウット・ゲオプーク(GK)も成長。第14節アウェーのアントーンFCで初黒星を喫するまで無敗の成績でリーグ1位の座を維持していたが、第19節の時点でわずか2敗の和田監督を解任。結果的に昇格圏内の3位で終わり、目標通り1シーズンでトップリーグ復帰を果たした。今シーズンは、永里源気、キャプテンのダビド・ロチェラ(DF)など主力が残留し、ヴァンフォーレ甲府、愛媛FC、東京ヴェルディなどでプレーしていたジョジマール・ロベルト(FW)をアーミー・ユナイテッドから、セルヒオ・スアレス(MF)をソンクラー・ユナイテッドから獲得し、リーグ中位以上を狙える戦力は整っている。あとは、昨シーズン途中からファンのプレッシャーに耐えられず、現場介入が多くなったと言われるオーナーがどれだけ我慢出来るかだろう。
クラブ基本情報
設立 1967年
スタジアム PAT Stadium / パット・スタジアム / สนามฟุตบอลการท่าเรือ
収容人数 12,308人
アドレス Sunthon Kosa Rd, Khlong Toei, Bangkok 10110
GoogleMAP PAT Stadium MAP
アクセス 【バンコク・クロントゥーイ区】
◆BTSアソーク駅より
タクシーorバイクタクシー約5分(約60B)
◆MRTクイーンシリキットコンベンションセンター駅より
タクシーorバイクタクシー約3分 *PATスタジアム前下車徒歩1分
チケット [ZONE A] 100B、[ZONE B, C, D] 80B
※[ZONE B]と[ZONE C]の角にチケット・ブースあり
タイトル リーグ:0回
FA杯:1回 (2009)
リーグ杯:1回 (2010)
コー・ロイヤル杯:8回 (1968, 1972, 19774, 1976, 1978, 1979, 1985, 1990)
監督 和田昌裕 / Masahiro Wada / 日本 / 2015年10月~2016年7月
ジャデー・ミラープ(Jadet Meelarp) / 2016年7月~
日本人選手 永里源気 / Genki Nagasato / No,18 / MF
成績 2012年:16位
2013年:2位 (D1)
2014年:13位
2015年:17位
2016年:3位 (D1)
facebook www.facebook.com/PortFCteam
twitter www.mobile.twitter.com/PortFC_Official
club HP www.portmtifc.com/
タイ語 ไปสนามฟุตบอลการท่าเรือ(パイ・サナーム・フッボーン・ガーン・タールア)