ホームクラブ一覧タイリーグ2 クラブ一覧  SAMUTSONGKHRAM R-AIRLINES FC

サムットソンクラーム Rエアライン FC

 SAMUTSONGKHRAM R-AIRLINES FC

SAMUTSONGKHRAM R-AIRLINES FC / サムットソンクラーム Rエアライン FC
/ สมุทรสงคราม อาร์แอร์ไลน์ เอฟซี

Samutsongkhram Fc Samutsongkram set 2015 Samutsongklam fan
バンコクから南西へ約75km、水上マーケットやメークローン鉄道市場といった観光地で有名なタイで一番小さな県、サムットソンクラーム県を本拠地とするクラブ。2008年シーズンにTPLへ昇格してしばらくは中堅クラブの位置づけであったが、スポンサーのSCGが撤退してからは、給与未払い問題やホームスタジアムがリーグ規定に達しないなど多々問題が起こるようになり、残留争いが主戦場になってしまった。2014年シーズンにTPL最下位となりDivision-1への降格が決まると、クラブはバンコク・トンブリー大学(BTU)の支援を受け、事実上、BTU傘下のクラブとなってしまった。クラブ予算も縮小され選手も大幅に入れ替わった為に成績も上がらず、このままDivision-2へ降格が決まると思われたが、ホームスタジアムをバンコクのバンケー地区にある”BTU”からサムットソンクラームに戻すと、マーク・ランドリー・バボ(FW)の奮闘もあってシーズン終盤につれ盛り返し、最終的には12位という結果でDivision-1残留を決めた。今シーズンはポリス・ユナイテッドやソンクラーFCなどでプレーし、タイリーグ6シーズン目を向かえるチャン・スンウォン(DF)らフィジカルに優れた韓国籍選手3人が前と後ろを固めており、古巣のアントーンFCへ移籍してしまった昨シーズンのチーム得点王マーク・ランドリー・バボ(FW)の穴を、新しく加入した韓国人FWの2人がどれだけ埋められるかがポイントになる。
クラブ基本情報
設立 2005年
スタジアム Samutsongkram Stadium / サムットソンクラーム・スタジアム / สนามกีฬากลางจังหวัดสมุทรสงคราม
収容人数 6,000人
アドレス Mueang Samut Songkhram, Samut Songkhram
Google 地図 Samutsongkram Stadium MAP
アクセス 【サムットソンクラーム県】
◆車:ラマ2世通り(35号線)⇒325号線アムパワー方面⇒メークローン
◆ロットゥー:戦勝記念塔付近からメークローン付近下車
チケット スタジアム正面入り口付近にチケットブースあり
タイトル リーグ:0回
FA杯:0回
リーグ杯:0回
コー・ロイヤル杯:0回
監督 ウィモン・ジャンカム(Vimol Jankam) / タイ / 2016年~
日本人選手 和田雄也 / Yuya Wada / No,14 / MF
成績 2011年:15位 (TPL)
2012年:7位 (TPL)
2013年:16位 (TPL)
2014年:20位 (TPL)
2015年:12位 (D1)
facebook www.facebook.com/SamutsongkhramFootballClub
twitter
club HP www.samutsongkhramfootballclub.co
タイ語 ไป สนามกีฬากลางจังหวัดสมุทรสงคราม