ホームクラブ一覧タイリーグ クラブ一覧  THAI HONDA LADKRABANG FC

タイ・ホンダ・ラックラバン FC

 THAI HONDA LADKRABANG FC

THAI HONDA LADKRABANG FC / タイ・ホンダ・ラックラバン FC / ไทยฮอนด้า ลาดกระบัง เอฟซี

Thai Honda Thai Honda set 2015 Thai Honda fan 2015
1971(1995)年に設立された本田技研工業のタイ法人であるタイ・ホンダが母体のクラブで、スワンナプーム空港に近いラートクラバン地区を本拠地とする。オーナーが経営権を持つクラブが多いタイでは珍しい、企業が経営権を持つクラブでもある。2015年シーズンに “モンクット王工科大学ラートクラバン・スタジアム” から、BECテロサーサナFCも使用するスタジアムである “72年記念スタジアム・ミンブリー” にホームスタジアムを移した。2007年シーズン以降トップリーグに昇格出来ずにいるが、Division-2バンコク地区に所属していた2014年シーズンに、過去、同クラブで指揮を執っていた滝 雅美氏を再招聘。Division-2バンコク地区のリーグ戦をわずか1敗のみという圧倒的な成績で優勝し、続くチャンピオンズリーグでもグループ1位を獲得。3シーズン振りにDivision-1昇格を果たした。滝監督が続けて指揮を執った昨シーズンは、元ホンダFC監督の前田仁崇氏をコーチに招聘。タイ6シーズン目の樋口大輝(DF)、ヴァンフォーレ甲府や京都サンガFCでプレーしていた秋本倫孝(DF)、タイリーグでの実績が豊富なガストン・ゴンザレス(FW)、強力な身体能力を持つアタッカーのジュリアス・オビボ(MF)を擁し、リーグ終盤まで激しい昇格争いを演じたがリーグ6位に終わった。念願のトップリーグ昇格を見据える今シーズンは、滝氏はフロント入りし、現場はタイ人監督が指揮を執り、前田氏がサポートする。ガストン、ジュリアスの2枚看板は移籍してしまったが、昨シーズン、ボランチながら12得点を決めて得点ランキング15位と結果を残した馬場悠企(MF)をBB-CU FCより獲得。また、メキシコリーグでプレーしていたブラジル人ストライカーのリカルド・ジーザス(FW)を獲得し、トップリーグ昇格を目指す。スカウティングは鈴木勇輝氏が 務めており、タイリーグのクラブの中で最も日本人が多く所属するクラブとなっている。
クラブ基本情報
設立 1971(1995)年
スタジアム 72years anniversary stadium Min Buri / チャルムプラキアット・72パンサー・スタジアム・ミンブリー
/ สนามกีฬาเฉลิมพระเกียรติ 72 พรรษา มีนบุรี
収容人数 8,500人
アドレス Kumklao Soi 1, Kumklao Rd; Saensaeb, Minburi, Bagnkok
GoogleMAP 72years anniversary stadium Min Buri MAP
アクセス 【バンコク・ミンブリー区】
◆エアポートリンク:ラックラバン駅よりタクシー
チケット
タイトル リーグ:0回
FA杯:0回
リーグ杯:0回
コー・ロイヤル杯:0回
監督 シリサック・ヨーヤタイ / Sirisak Yodyathai / タイ / 2016年1月~
コーチ 前田仁崇 / Yoshitaka Maeda / 日本 / 2015年1月~
日本人選手 秋本倫孝 / Michitaka Akimoto / No,5 / DF
乾 達朗 / Tatsuro Inui / No, / MF
成績 2011年:18位 (D1)
2012年:1位 (D2)
2013年:5位 (D2)
2014年:1位 (D2)
2015年:6位 (D1)
facebook www.facebook.com/THAIHONDALADKRABANGFC
twitter twitter.com/thaihondafc
club HP www.thaihondafc.com
タイ語 ไปสนามกีฬาเฉลิมพระเกียรติ 72 พรรษา มีนบุรี(パイ・チャルムプラキアット・72パンサー・ステディアム・ミンブリー)