ホームクラブ一覧タイリーグ クラブ一覧  RATCHABURI MITR PHOL FC

ラチャブリー・ミッポン FC

RATCHABURI MITR PHOL FC

RATCHABURI MITR PHOL FC / ラチャブリー・ミッポン FC / ราชบุรี มิตรผล เอฟซี

Ratchaburi FC Ratchaburi FC set 2015 Ratchaburi FC fan
バンコクから西へ約80km、ミャンマーとの国境を有するラチャブリー県に本拠地をおく。2004年に設立された新しいクラブであるが、県議会議員でもあるブンイン・ニティガーンチャナ女史が2009年にクラブ・オーナーとなり、本格的にトップリーグ入りを目指せるクラブとなった。クラブ自体は息子であるタナワット氏がGMとして率いているが、アウェーゲームにもオーナー自ら駆けつけて声援を送る。TPL昇格2年目の2014シーズンにはリーグ4位と躍進し、それ以来、常にリーグ中位に食い込むなど強豪クラブの仲間入りを果たしつつある。セレッソ大阪やベガルタ仙台などでプレーし、2014シーズンに得点王を獲得したヘベルチ(FW)が昨シーズン前期終了後にサウジアラビアへ移籍し、今シーズンの外国人選手はキャプテンを務めるカルロス・サントス(DF)以外は一新された。ポーランド1部のMKSポゴニ・シュチェチンでプレーしていた赤星貴文(MF)、スペインリーグのヌマンシアからパラグアイのアンダー代表経験のあるハビエル・アクーニャ(FW)が新加入。また、ムアントン・ユナイテッドやBECテロサーサナFCでダイレクターを長らく務め、タイサッカー界でも非常に影響力のあるロバート氏が新たにダイレクターとして就任している。若手ではタイU23代表で20歳のナタウット・ソムバットヨーター(FW)、プラウィー・タンタテミー(DF)らが所属している。ヌマンシア、オビエドといったクラブでの監督経験のあるスペイン人パチェタ氏が昨シーズンより指揮を執っているが、3シーズン連続チーム得点王であったヘベルチの穴をどうやって埋めるのか注目される。
クラブ基本情報
設立 2004年
スタジアム Mitrphol Stadium / ミッポン・スタジアム / มิตรผล สเตเดียม
収容人数 13,000人
アドレス Khan Sanam kila,Yutitham Rd, Na Mueang, Mueang Ratchaburi, Ratchaburi
GoogleMAP Ratchaburi Stadium MAP
アクセス 【ラチャブリー県】
◆車:バンコク→国道4号線 → ナコンパトム → ラーチャブリー (約90分)
◆バス:バンコク南バスターミナル(サイターイマイ)よりラーチャブリー行き (約90分)
チケット
タイトル リーグ:0回
FA杯:0回
リーグ杯:0回
コー・ロイヤル杯:0回
監督 パチェタ(Juan Jose Rojo Martin) / スペイン / 2016年1月~
日本人選手 赤星貴文 / Takafumi Akahoshi / No,37 / MF
成績 2012年:1位(D1)
2013年:15位
2014年:4位
2015年:7位
2016年:9位
facebook www.facebook.com/RBMFCOFFICIAL
twitter www.ratchaburifc.com
タイ語 ไป สนามกีฬากลางจังหวัดราชบุรี(パイ・サナームギラークラン・ジャンワット・ラーチャブリー)